行 動を制御する脳の働きの解明を目指す

 
私たち行動生理学研究分野の研究目的は、人間や哺乳類に属する動物の行動がどのような脳の 働きに基づいて生じたり、維持されたり、または消失したりするのかを解明することです。個体の維持にかかわるという最も基本 的な動機づけ行動である摂食行動を実験モデル系として用いつつ、その行動の中枢神経機構の研究を行っています。



キーワード: 食行動、嗜好性、情動、快・不快、学習・記憶、動機づけ、味覚、嗅覚、脳内報酬系、扁 桃体、ドーパミン


摂食行動には、味覚・嗅覚・内臓感覚などの感覚情報系、その感覚情報の知覚・認知という機能、そして感覚や経験に基づく記憶・学習、そして感覚や 記憶内容への情動的評価などの多種多様な心的機能や生物機能が関わっています。そして、それらの機能の背景には脳の働きがあると考えられます。そ のため、食行動はそれらの脳機能の総体的制御を受けているという視点に基づいて研究を行っています。しかしながら、全てを網羅的に解析することは 非常に難しく、また、解釈も困難です。そのため、個々の脳機能ごとに焦点を当てた研究を行います。ただ、上記のように、それぞれの機能は他の機能 系との関連がありますので、その点にも十分に配慮しながら、多面的な観点からの実験や考察も加えます。

食行動に関係する以下のような主要テーマについて、その脳基盤や生理機序について研究しています。

食べ物の味(味覚刺激)や匂い(嗅覚刺激)に対する生得的な好き嫌い

新奇な味覚・嗅覚刺激の摂取を控える行動(味覚性もしくは嗅覚性の新奇恐怖)

学習(経験)に基づく味覚刺激への好き・嫌いの形成(味覚嫌悪学習・味覚嗜好学習)

嗅覚刺激を手がかりとする摂食行動の開始・維持と嗅覚嗜好学習

食べ過ぎや拒食様行動

 研究においては、研究手法がとても重要です。本研究分野では、上記のテーマに関して、ラットやマウ スにおける動物モデル系での行動を詳しく観察・分析することを大事にしながら、行動薬理学や電気生理学、免疫組織化学などのさまざまな研究手法を 用いることによって、 それらの行動に関わる脳機能を多面的に理解したいと考えています。動物モデルを用いたアプローチを行う理由は、それらのげっ歯類動物における基本的な脳機構が我々ヒトにお いても多くの点で共有されていると考えられるからです。さ らに、大阪大学におけるさまざまな神経科学研究室や学外の研究機関(大学等)とも共同研究を進めることを通じて、動物やヒトの行動の基盤となる脳機能を行動神経科学 の視座から理解するための研究を進めていきます。

INFORMATION: What's new!

  • 2018/09/15  「食の科学アゴラ」第一回研究会キックオフ講演会(開催日時決定)にて京都府立大学大学院の岩崎有作 先生にご講演 いただきます。
  • 2018/08/02    八十島が第36回内分泌代謝サマーセミナー(蔵 王町;会長 東北大学 井樋慶一教授)のシンポジウムにて口頭発表を行いました。
  • 2018/07/27  八十島が第41回日本神経科学大会(神戸市)において、ラットの超音波発声に関する研究成果をポスター発表を行いました。
  • 2018/06/29    第19回生物と行動セミナーにおいて、立命 館大学の和田教授をお招きし、ご講演いただきました。
  • 2018/05/17    八十島が第19回人間科学セミナー(「『食べる』における身体・脳・心の対話」)にて発表しました。
  • 2018/04/20  新3年生5名(3年次編入生1名)の歓迎のために新歓コンパを行いました。
  • 2018/03/30    八十島が編著者として関わったシリーズ人間科学 1『食べる大阪大学出版会より発刊されました。
  • 2018/03/28    第95回日本生理学会大会(高松市)において学部卒業生が卒業論文の成果の一部を口頭発表(英語)しました。
  • 2018/03/23    学部生2名と修士大学院生2名が卒業・修了しました。おめでとうございます!!
  • 2018/03/16    食べ物の好き嫌いに関する八十島の解説が関西テレビ「報道ランナー」にて放映されました。
  • 2018/03/16    大阪市立大学の松本英之先生をお招きし、「第15回生物と行動セミナー」においてご講演いただきました。












ページのトップへ戻る